キリスト教葬儀・告別式

カトリックの葬儀・告別式

カトリックの葬儀は、
ほぼ故人が所属していた教会で行います。

葬儀社は教会に紹介してもらうか、
キリスト教の葬儀の実績がある業者を選びましょう。

カトリックの葬儀は、
故人の罪を神にわびて許しを請い、
永遠の安息を得られるように祈る儀式です。

葬儀は、
棺が教会に到着して安置されるまでの「入堂式」、
聖書の朗読や説教の「言葉の典礼」、
儀式の中心,しや上でワ.し量』である「感謝の典礼」「赦祷式」の順に行われます。

中心の感謝の典礼ではミサが行われます。

肉体と血になぞらえられるパンとぶどう酒を遺族が奉納し、
神父が感謝の祈りを捧げます。

遺族で行う告別式

葬儀の後に告別式が続きます。

告別式は遺族側の進行で行われ、
聖歌斉唱、
告別の祈り、
故人の略歴紹介、
献香・献花または焼香、
弔辞・弔電の紹介、
会葬者の献花を行います。

出棺では最後の対面、
くぎ打ちの儀式、
神父の出棺の祈り、
聖書朗読、
聖歌斉唱が行われます。

故人を礼拝の対象とは考えないので遺影写真や遺体に手を合わせたり、
拝んだりはしません。

プロテスタントの葬儀

神への感謝

プロテスタントには多くの宗派があり、
葬儀の内容も変わってくるので、
葬儀社も交えて教会や牧師と打ち合わせる必要があります。

葬儀社は教会に紹介してもらうか、
キリスト教の葬儀の経験豊富な業者を選びましょ、
う。

プロテスタントでは、
死後は天に召されて神に仕えるものとなるという考え方です。

ですから、
祈りはあくまでも神に捧げられるものです。

葬儀も故人の冥福を祈るのではなく、
神への感謝と遺族を慰めるために行います。

そのため故人への呼びかけはしません。

信者以外に弔辞をお願いする場合はその旨を伝えましし生遥ヘノO葬儀の際は、
式次第や賛美歌、
祈りの言葉を印刷したプリントを用意し、
訪れた会葬者に渡します。

教会では一般会葬者は先に着席して待つています、
葬儀前に棺も祭壇一に安置しておくことも多いそうです。

儀式の次第は聖書による祈りが主です。

その他は、
オルガンの演奏、
聖書朗読、
祈祷、
故人の略歴紹介、
賛美歌斉唱、
弔辞、
遺族と参列者一同に神の祝福があるように祈る祈祷などもあります。

多くの場合、
最後に献花を行いますが、
これは仏式の焼香や神式の玉串奉翼に代わるものではありません。

死者への供養ではなく、
祭嬉一を飾り生前のことを感謝する心を持って遺体の周辺を飾るという意味なのです。