神式の葬場祭・告別式

葬場祭を準備する

葬場祭とは

神式では、
仏式の葬儀に相当する儀式は、
葬場祭とよばれ、
告別式とともに行われます。

仏式の葬儀と神式の葬場祭で大きく違う点は仏教が即成仏を祈るのに対し、
神道は故人の霊が家の守護神・氏神として祁られる点にあります。

また、
仏教の場合は、
寺院でも葬儀が行えるのに対し、
神道の場合は「死は忌み嫌うもの」として神社での葬儀は行えず、
公営・民間の式場や寺院の貸式場にて葬儀を行うことになります。

また、
仏名もないといったことも、
違った点といえます。

しかし、
どちらの儀式も故人の冥福を祈り蓋死を弔うという心に違いはありません。

葬場祭の席次

式場には、
祭壇と棺を安置し、
玉串案云巳を置き、
斎主、
祭員、
楽員の席を遺族席よりも一段高く設定するようにします。

席次は、
祭壇一を正面にして右側には喪主、
遺族、
近親者、
左側には世話役、
友人、
知人の順になります。

 

葬場祭での作法

葬場祭では礼拝の作法も普段とは異なります。

拍手の際は音を出さずしのびてに手を叩く忍手を用います。

仏式の焼香は行わず、
玉串奉莫を行います。

玉串奉翼後には「二礼二拍手一礼」はすを行います。

香典ののし袋には「蓮の花」の入っていないものを使用し、
「御霊前」が一般的です。

不幸があったときは、
その日のうちに神棚には白い紙を貼り、
この間は礼拝をしません。

紙は卵日、
清蕨いの儀の後にはずします。

 

玉串奉婁を行う

神事で行う「玉串奉莫」は、
仏式さかきの焼香にあたります。

玉串とは榊やしでゆう杉などの常緑樹の小枝に紙垂や木綿をつけたものです。

神前にお供えするものとして、
お米や酒、
魚などと同様の意味があると考えられています。

しかし、
玉串は祭典のなかで捧げて拝礼することから特別な意味を持ちます。

神様に敬意をあらわし、
かつ神威を一受けるために祈念を込めて捧げるものです。

玉串奉奠

葬儀 仏事 相続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です