法要とは

死者の冥福を祈り、霊を慰めるために行うもの

法要とは、亡くなった人の冥福を祈り、その霊を慰めるために行うもので、

法事や追悼供養ともいわれています。

 

仏教では、

人はなくなってから7週間(49日間)、

現世と冥途の間をさまよっていると言われ、

これを中陰といいます。

 

この期間、

この世に残ったものは法要を行うことで、

死者の霊が無事極楽浄土に行けるように願います。

法要

初七日から七七日(四十九日)まで

法要は、
亡くなった日から数えてしよなのかふた7日後に初七日があり、
以降、
ニ主のかみなのかよなのかいつなのか七日、
三七日、
四七日、
五七日、
むなのかなななのか六七日、
七七日まで、
7日ごとに忌日があります。

通常、
49日目にあたる七七日(四十九日)を忌明け(喪に服する期間が終わること)としています。

ただし、
羽日目が亡くなった月から3か月にまたがる場合や、
地域の慣習によってお日目(五七日)を忌明けとすることもあります。

なお、
七七吉ちゅう日(四十九日)までは忌中といいます。

法要は本来僧侶を招いて行うものですが、
現在は初七日と七七日(四十九日)の法要以外は、
省略するか、
身内だけで拝礼する程度にすることがほとんどです。

忌日法要の中で特に大切とされているのが七七日(四十九日)で、
満中陰、
尽中陰ともいいます。

この日は冥土の裁判で、
死者の霊の行き先が閤魔によって下される日とされていて、
僧侶や親戚などを招いて法要を行うのが一般的です。

納骨は通常この日に合わせて行われます。

忌明け後に行うこと

忌明けしたら、
それまで閉じてあかみだなった仏壇の一扉を聞けます。

神棚がある場合は、
葬儀の際に張った紙(神棚封じ)をはがします)。

また、
それまで遺骨や位牌を安置あとかざちゅういんだんしていた後飾り日だいじを取り払い、
白木の位牌を菩提寺に納めます。

代わりに、
法要の際に魂かいげんを入れる開眼供養をしてもらった、
ヴるし漆塗りの位牌(本位牌)を安置します。

そのほか香典をいただいた人には、
忌明けのあいさつ状を添えて香典返しを送ります。

もし葬儀の際に即日返しをした場合は、
あいさつ状だけを送ります。

百箇日について

七七日(四十九日) が過ぎ、
故人が新仏となって初めて行う法要がひやっかにちそっこくき百箇日です。

卒突思ともいわれ、
泣くことをやめ、
悲しみに区切りをつける日で、
昔は七七日と同様に、
人を招いて盛大に法要を行っていました。

しかし現在は、
内輪で法要を営むことがほとんどです。

以前は百箇日の法要と一緒に、
無縁仏の供養をする施餓鬼会が行われていましたが、
現在はお盆に行われるようになりました。

年忌法要と月忌法要

亡くなった日と同じ月、
同じ日をしようつ吉めいにち祥月命日といいます。

祥月命日に行う法要が年思法要です。

年忌法要には、
亡くなった翌年に行う一周忌をはじめ、
三回思、
七回思、
十三回思、
十七回忌、
二十三回思、
二十七回忌、
三十三回思、
五十回思、
百四思があります。

その後は五十年ごとに法要を営むことになります。

ちなみに年忌の数え方は、
一周忌の場合は。

で数えますが、
三回忌以降は亡くなった年を含めた、

数え

(その年をl年目とし、
以後、正月を迎えるごとに1年を加える)

で数えます。

なお、
毎月の、
亡くなった日と同じ日を月忌といいます。

1周忌

 

葬儀 仏事 相続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です