新しい埋葬の形、 自然葬

散骨で故人を自然に還す

遺骨を墓に埋葬せず、
海に散骨したり、
山などに埋葬し、
墓石の代わりに木を植えるなどの埋葬方法を自然葬といいます。

近年、
お墓は必要ないと考える人も増え、
また、
子どもたちに墓参りなどの手間をかけたくないなど、
考え方の変化により、
こうした自然葬への関心が高まっています。

現在では全国各地の民間企業や団体が、
いろいろなスタイルの自然葬を取り扱うようになりました。

節度をもって散骨する

自然葬というと散骨が思い浮かびます。

散骨とは火葬後、
骨を細かく砕いて、
それを海や山に撒いて自然に還す方法で、
市民団体「NPO葬送の自由を進める会」

(1991年発足)によって広められました。

遺骨の埋葬に関しては、
1948年に定められた「墓地埋葬法」により、
墓地以外のところへの埋葬が禁じてられています。

この法律は、
遺骨を土に埋葬する場合を対象としており、
遺灰を撒く散骨の場合は、
「節度をもってふさわしい場所で行うのであれば違法ではない」

と容認されています。

そのため散骨をする場合はこの法律にのっとって、
遺骨を粉砕して形がわからないようにし、
他人に迷惑のかからない場所に撒く、
などの配慮が必要です。

散骨の請負業者

散骨する場合、
書類の提出といった法律的な手続きは一切ありません。

そのため個人で行っても、
法律的に何も問題はありません。

しかし、
個人で骨を細かく砕くのは困難なため、
専門の業者に依頼するのが安心です。

散骨を請け負、
つ業者に依頼すれば、
粉砕も行ってくれます。

最近は散骨を取り扱、
つ業者が増え、
それぞれいろいろなプランが用意されています。

費用やシステムなどよく考えて、
希望に合ったところを選ぶようにしましょう。

 

墓地と散骨の併用も

散骨した場合、
故人が自然葬(散骨)を望んでいたとしても、
残された家族にとって偲ぶものがないのは寂しいものです。

そのような場合は、
遺骨の一部を散骨し、
残りを墓に埋葬するという方法があります。

故人の遺志もかない、
遺族にとってもいつでもお参りができ、
供養することができます。

また最近では、
遺骨をオブジェやアクセサリーなどに加工し、
手元に置く人も増えています。

東京大田区で葬儀社を探す時は臨海斎場で葬儀社見積もりを2社以上検討してください。
臨海斎場で葬儀を行えば葬儀式場費用を抑えた家族葬が可能です。
火葬場とも併設しているので移動費用も削減できます。

<a href=

 

斎場

斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)